カプサイシン摂取の注意点

カプサイシンを摂取するには、唐辛子を積極的に摂ればいいのですが、脂肪を燃焼させる効果を期待して、唐辛子を食べ過ぎてはいけません。

検査によると、激辛料理を食べると、舌の味覚反応が、大幅に低下してしまうそうです。
また、極端に辛い食べ物を食べ続けていると、「味蕾(みらい)」という、味を感じる器官が麻痺して、味覚障害になってしまう恐れもあります。
そうなると、濃い味つけの料理でないと、物足りなく感じるようになってしまいます。

また、より唐辛子を摂り続けていると、カプサイシンの分解能力が高まって、脂肪の燃焼効果が低下してしまったり、胃壁が荒れてしまったりする可能性があります。
特に、胃腸の弱い人や痔の人は、要注意ですので控えめにしてください。

胃腸の弱い人や辛味が苦手な人は、粉末状の唐辛子や刻んだ鷹の爪を、香辛料や薬味として使用したり、ラー油や豆板醤、タバスコなどの唐辛子が入った調味料を、料理にうまく取り入れたりして、カプサイシンを摂取するのが良いでしょう。

唐辛子を1回に使用する量は、粉末唐辛子の場合は1/4杯、鷹の爪の場合は1本、豆板醤やコチュジャンなどの唐辛子調味料は小さじ1杯程度が適量と言われています。

また、上手にカプサイシンを利用すると、塩分の摂取量を減らすこともできます。
カプサイシンを取り入れることで、塩分控えめの料理でも、濃い味に感じられます。
ダイエット中の人や高血圧の人には、うれしい作用ですね。